Help

上社 前宮(茅野市宮川)拝殿

  • 44

Photos: 上社 前宮(茅野市宮川)拝殿

Photos: 上社 前宮(茅野市宮川)榊 Photos: 上社 前宮(茅野市宮川)

上社 前宮(茅野市宮川)
19.10.09.
mixiアルバム https://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000088069125&owner_id=32815602

2013年12月15日 11:25

かみしゃは、諏訪湖南岸、諏訪盆地の西南端にある。下社に対しては上流の位置にある。本宮・前宮からなり、古くは本社・摂社だった。御頭祭・蛙狩神事に見られるように狩猟民族的な性格を有しており、古代文化の性格を持つ。
かつては本宮を主に上諏訪の中心地だったが、近世以後は北方の高島城城下町に移り、そちらに甲州街道の上諏訪宿も設けられた。

まえみやは、本宮の南西約2kmの地に鎮座している。諏訪の祭祀発祥地とされる。
当地には上社大祝の始祖とされる諏訪有員(ありかず)が初就任以来、大祝の居館があった。大祝は神体と同視(= 現人神)されていたことから、その居館は「神殿(ごうどの)」と尊称され、周辺は「神原(ごうばら)」と呼ばれた。当地では代々の大祝職位式のほか多くの祭事が行われ、摂末社も多く置かれた。大祝は祭政両権を有したことから、当地は諏訪地方の政治の中心地だった。
中世、諏訪氏は兵馬の惣領家と祭祀の大祝家とに分かれ、政事は惣領家の居城である上原城に移った。大祝の屋敷も慶長6(1601)年に移転したが、祭事は引き続き当地にて行われた。
江戸時代までは「前宮社」として上社境外摂社筆頭として鎮座していたが、明治以降上社の前宮と定められた。上社の祭政一致時代の姿を色濃く残していることから、現在境内は「諏訪大社上社前宮神殿跡」として長野県指定史跡となっている。


巡回マップ→ https://drive.google.com/open?id=1szYFJmzPavAqrh-vwWlslTX600Q&usp=sharing


過去アップ済
上社前宮→ http://photozou.jp/photo/show/650854/193886656 (から5枚)

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.