Help

祥雲寺(広尾5丁目)曲直瀬玄朔墓碑

  • 30

Photos: 祥雲寺(広尾5丁目)曲直瀬玄朔墓碑

Photos: 祥雲寺(広尾5丁目)曲直瀬玄朔墓 Photos: 祥雲寺(広尾5丁目)狭山北条氏信 宝篋印塔

mixiよりコピペ――
2012年12月12日 16:19

●曲直瀬玄朔――
まなせ げんさく。初代とともに、日本医学中興の祖と称えられる。
安土桃山時代の医家。2代目道三。
初代道三の妹の子として京都に生まれる。幼くして両親を失ったため、道三に養育される。
天正9(1581)年、その孫娘を娶って養嗣子となり道三流医学を皆伝された。
法眼から法印に進む。
豊臣秀吉の番医制に組み込まれ、関白秀次の診療にも当たる。
文禄4(1595)年、秀次切腹に連座して常陸国に流されるが、のちに赦免され帰京し、朝廷への再出仕も許された。
家康・秀忠に仕え、江戸邸と麻生に薬園地を与えられた。
江戸で没し、薬園地に生前建てていた瑞泉山祥雲寺(のち渋谷へ移転)に葬られた。

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.